Jリーグとロゴ制作

ふと思ったんですけれど、世の中にはたくさんのロゴがありますよね。

もともとは企業のイメージを具現化したデザインをロゴマークと呼ぶんですけれど、今では企業だけではなく、所属している団体やサークルなどもロゴマークを冠にして活動している場合が多いですよね。

そのマークだけを見て、「あ、あそこの会社だ」とか「あのプロ野球チームだ」とか思ったりしますが、当然、わたしの好きな地元のJリーグのチームなんかも、ユニフォームにいくつものロゴを制作しては、プリントアウトされたものを着こなして、試合に挑んでいます。

有名なスポンサー企業もあれば、本当に地元のスポンサー企業もあったりするのが、プロ野球と違って、Jリーグに見受けられる傾向なんですけれど、チームが強ければ、それだけテレビなどで映るチャンスは多いわけですし、90分という試合時間、そのユニフォームをテレビで目にすることで、宣伝広告として役に立つのが、ロゴでもあります。

そういったロゴの制作も、パソコンを使って様々な事や、細やかさを手にすることができるようになりました。

それらを引き受けるビズアップなどデザイン会社もインターネットにはたくさんありますし、選択の幅はいろいろと広がっているのだと思います。